システム管理コマンド

HOMELinuxコマンド > システム管理コマンド

システム管理コマンド:記事リスト

システム管理コマンドのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

  • sync キャッシュ(メモリ)の内容をディスクに書き込む
  • chkconfig コマンド サービスの一覧表示、登録、削除、ランレベルの設定を行う
  • telinit ランレベルを切り替える
  • runlevel 現在のランレベルと変更前のランレベルを表示する
  • pstree 動作中のプロセスをツリー形式に表示する
  • vmstat CPU、プロセス、メモリに関する情報を表示する
  • uptime システムの稼働時間を表示する
  • uname OS情報を表示する
  • last ログイン、ログアウトの履歴を表示する
  • dmesg システムのメッセージを表示する
  • ntpdate サーバーの時刻を合わせる
  • halt システムをシャットダウン(終了)、再起動する
  • free Linuxのメモリ状況を確認する
  • source シェルの設定ファイルを読み込む
  • unset unsetenv シェル変数・環境変数を削除する
  • env 環境変数を設定・確認する(bsh/csh)
  • setenv 環境変数を設定する(csh)
  • export 環境変数を設定する(bsh)
  • set シェル変数を表示・設定する
  • reboot システムを再起動する
  • shutdown システムをシャットダウン(終了)、再起動する
  • logout ログアウトする
  • exit ログアウトする
  • cal カレンダーを表示する
  • hostname サーバーのホスト名を表示、設定する
  • domainname サーバーのドメイン名を表示、設定する
  • date 現在の日付を表示、設定、変更する
  • history 実行したコマンドの履歴を表示する