Apacheのログを一括でホスト名表示する(logresolve)


人気セミナー

CentOS8、Ubuntu20.04対応を記念して、『受講料55%OFF』キャンペーン実施中
一生使えるLinux技術を「たった1日」で習得できます。
【CentOS/Ubuntu研修】リナックスマスターセミナー(ZOOM対応)
あなたが構築したサーバーや管理しているサーバーは、本当に安全ですか?
独学で誤魔化して使っていませんか?
Linuxは、正しい知識と技術がないと、
ハッキング被害に遭い、情報漏えい、信頼失墜を招きます。
そんな不安は、リナックスマスターセミナーで解消できます。



Apacheのアクセスログは、デフォルトの設定のままだと
接続クライアントのIPアドレスを記録します。

Apacheの設定ファイル(httpd.confまたは、httpd-default.conf)の
HostnameLookupsを「On」にすることで接続クライアントを
ホスト名で記録するように変更ができますが、
パフォーマンス低下を招いてしまいます。

運用中のパフォーマンス低下を防ぐために、
logresolveコマンドを使用してIPアドレスで記録したログファイルを、
一括でホスト名に変換します。

下記例では、IPアドレスで記録されたaccess_log_20170705ファイルを
ホスト名変換してresolve_logファイルに出力します。
# logresolve < access_log_20170705 > resolve_log

また、「-s」を指定して実行することで、logresolveコマンドの実行結果の
統計をファイル出力することも可能です。
例えば、名前解決できたIPアドレスやホスト名、
または名前解決できなかったIPアドレスなどが出力されます。

下記例では、toukeiファイルに統計データを出力しています。
# logresolve -s toukei < access_log_20170705 > resolve_log

統計データは下記のように出力されます。
# cat toukei
logresolve Statistics:
Entries: 131
With name : 0
Resolves : 75
- No reverse : 16
Cache hits : 56
Cache size : 75

アクセスログが大きいと、処理に時間が掛かります。
実行する際は、負荷が少ない時間帯を選ぶなどの配慮が必要になります。


 1番人気 【Linuxセミナー】リナックスマスターセミナー【CentOS/Ubuntu研修】



人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


入門講座【Linux講座】リナックスマスター・ホームスタディ講座【初級編】


人気講座【クラウド講座】リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・sync
・chkconfig
・telinit
・runlevel
・vmstat

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】