Linuxのカーネルバージョンを確認する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxでカーネルのバージョンを確認するには、確認コマンドを実行する方法と
カーネルバージョンを保持したファイルを確認する方法があります。

コマンドでカーネルバージョンを確認する方法

コマンドでカーネルバージョンを確認する場合は、unameコマンドを使用します。
unameにはいくつかのオプションがありますので、代表的なものを紹介します。

■カーネルバージョンのみ表示する
unameコマンドに「-r」オプションを付けて実行します。
$ uname -r
3.10.0-693.11.6.el7.x86_64

■ハードウェアアーキテクチャのみ表示する
unameコマンドに「-m」オプションを付けて実行します。
$ uname -m
x86_64

■すべての情報を表示する
unameコマンドに「-a」オプションを付けて実行します。
$ uname -a
Linux Tiger 3.10.0-693.11.6.el7.x86_64 #1 SMP Thu Jan 4 01:06:37 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

ファイルでカーネルバージョンを確認する方法

カーネルバージョン情報は、/proc/version ファイルに保存されています。
ファイル参照コマンド(cat,more,less,view,viなど)で内容を参照します。

$ cat /proc/version
Linux version 3.10.0-693.11.6.el7.x86_64 (builder@kbuilder.dev.centos.org) (gcc version 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-16) (GCC) ) #1 SMP Thu Jan 4 01:06:37 UTC 2018



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
 ・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
 ・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
 ・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築マニュアル(28ページ)

詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする