calコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

カレンダーを表示する

■-- 文法 --■

cal (オプション) (月 西暦)

     例)
      cal▲カレンダーを表示する
       ※ ▲はスペースを表してます。

■ 説明
calコマンドは、コンソール画面上でカレンダー表示をするコマンドです。
オプションを設定することで、表示方法をさまざまな形に変えることができます。

■ オプション
-3 先月、今月、来月の3ヶ月表示をする
-y 1年分のカレンダーを表示する
-m 1週間の始まりを月曜日にする
-j 年間の通算日を表示する

■ 実行例
▼カレンダーを表示する
$ cal
1月 2005
日 月 火 水 木 金 土
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

▼2005年4月のカレンダーを表示する
$ cal 4 2005 ←オプションとして「4 2005」を指定します
4月 2005
日 月 火 水 木 金 土
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする