freeコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxのメモリ状況を確認する

■-- 文法 --■

free▲(オプション)

   例)
     free▲-m
     Linuxのメモリ状況を確認する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
freeコマンドはLinuxのメモリ状況を確認するコマンドです。表示される項目はメモリの合計値、使用領域、空き領域、バッファ、キャッシュがあり。これらメモリ状況をリアルタイムで表示します。またこのfreeコマンドは、「/proc/meminfo」ファイルを元に表示していますので、「cat /proc/meminfo」と実行しても同じ結果が得られます。


■ freeコマンドの表示項目
total:全メモリ容量
used:使用中のメモリ容量
free:空きメモリ容量
shared:共有メモリ容量
buffers:カーネルが使用するディスクバッファ容量
cached:キャッシュメモリ容量

■ オプション

-b バイトで表示する
-k キロで表示する
-m メガで表示する
-t 合計値を表示する

■ 実行例

▼ Linuxのメモリ状況を確認する
-----------------------------------------------------------------
$ free
合計 使用済 空き領域 共有領域 バッファ キャッシュ
Mem: 2068376 1918496 149880 0 146084 1437452
-/+ バッファ: 334960 1733416
Swap: 1831368 60 1831308
-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする