LinuxコマンドP-T

HOMELinuxコマンド > LinuxコマンドP-T

LinuxコマンドP-T:記事リスト

LinuxコマンドP-Tのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

  • sync キャッシュ(メモリ)の内容をディスクに書き込む
  • telinit ランレベルを切り替える
  • runlevel 現在のランレベルと変更前のランレベルを表示する
  • telnet リモートホストに接続する
  • top プロセスの状況をリアルタイムに表示する
  • traceroute パケットの通信経路を確認する
  • su ユーザを切り替える
  • passwd パスワードを変更する
  • sed 文字の変換をする
  • paste ファイルを行ごとに結合する
  • tac ファイルを結合して逆順に表示する
  • split ファイルを決まった大きさに分割する
  • tee 標準出力をモニタとファイルへ出力する
  • source シェルの設定ファイルを読み込む
  • setenv 環境変数を設定する(csh)
  • set シェル変数を表示・設定する
  • reboot システムを再起動する
  • shutdown システムをシャットダウン(終了)、再起動する
  • touch 0バイトファイルを作成する
  • rpm パッケージを操作する
  • restore ファイルを復元する
  • tar 複数のファイルをひとつにまとめる
  • ps 実行中のプロセスを表示する
  • ping ネットワークにつながれたコンピュータにデータ(パケット)が送れるか確認する
  • sort テキストファイルをソート(昇順)する
  • tail ファイル内の最後だけを表示する
  • pg ファイルの内容を画面ずつ表示する
  • rmdir ディレクトリを削除する
  • pwd 自分がアクセスしているディレクトリを表示する
  • rm ファイル名を削除する