tailコマンド


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


ファイル内の最後だけを表示する

■-- 文法 --■

tail (オプション) ファイル名

     例)
       tail▲new_file.txt
      「new_file.txt」ファイル内の後ろだけ表示する
※▲はスペースを表してます。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

■ オプション

-行数 指定した行数を最後から表示する
-f ファイルの内容を自動ループで表示する

■ 実行例

-----------------------------------------------------------------
ファイルの後ろから好きな行数分だけ表示することができます。
でも、あまり大きい行数を指定すると、catと変わらなくなるので注意が必要です。

このオプションを省略するとファイルの先頭から10行表示されます、これは「tail -n 10 ファイル名」を指定したのと同じになります。

「-n」を省略して、「-行数」でも同じ結果が表示されます。

-----------------------------------------------------------------
$tail list.txt ←「tail」コマンド実行
21
22
23
24
25
26 ←21〜30行まで表示されます。(例では省略しています。)
27
28
29
30
-----------------------------------------------------------------
「head」コマンドで先頭から表示させるコマンドがあれば当然ファイルの後ろから表示させるコマンドもあります。
「tail」という読んでそのままの意味のコマンドです(笑)

主な使い方としては、先に紹介した「head」とそれほど変わりません。ファイルの後ろから内容を確認するというところだけです。

-----------------------------------------------------------------
% tail -20 list.txt ←「tail」コマンド実行
11


20
21
22
23
24 ←11〜30行まで表示されます。(例では省略しています。)
25
26
27
28
29
30
-----------------------------------------------------------------


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・pstree
・chsh
・finger
・du
・uname

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】