tailコマンド


■Linux(RHEL8)マニュアル無料プレゼント
弊社の有料セミナー「リナックスマスタープロセミナー」で
実際に使っているマニュアルを無料サンプルとしてプレゼント

申し込みはフォームに名前とメールアドレスを登録するだけです。
お名前*
メールアドレス *
※不正メールアドレスを登録した場合、マニュアルが届きませんのでご注意ください。


ファイル内の最後だけを表示する

■-- 文法 --■

tail (オプション) ファイル名

     例)
       tail▲new_file.txt
      「new_file.txt」ファイル内の後ろだけ表示する
※▲はスペースを表してます。


人気セミナー

リナックスマスタープロセミナー【RHEL8研修】
一生使えるLinuxスキルが欲しい初心者向けセミナーです。
RHELをゼロからインストールするところから学べます。

AWSマスターセミナー【Amazon Linux研修】
AWS初心者向けセミナーです。ログインや料金確認などの基礎から
ロードバランサーなど業務で使える実用的なスキルが1日で学べます。

■ オプション

-行数 指定した行数を最後から表示する
-f ファイルの内容を自動ループで表示する

■ 実行例

-----------------------------------------------------------------
ファイルの後ろから好きな行数分だけ表示することができます。
でも、あまり大きい行数を指定すると、catと変わらなくなるので注意が必要です。

このオプションを省略するとファイルの先頭から10行表示されます、これは「tail -n 10 ファイル名」を指定したのと同じになります。

「-n」を省略して、「-行数」でも同じ結果が表示されます。

-----------------------------------------------------------------
$tail list.txt ←「tail」コマンド実行
21
22
23
24
25
26 ←21〜30行まで表示されます。(例では省略しています。)
27
28
29
30
-----------------------------------------------------------------
「head」コマンドで先頭から表示させるコマンドがあれば当然ファイルの後ろから表示させるコマンドもあります。
「tail」という読んでそのままの意味のコマンドです(笑)

主な使い方としては、先に紹介した「head」とそれほど変わりません。ファイルの後ろから内容を確認するというところだけです。

-----------------------------------------------------------------
% tail -20 list.txt ←「tail」コマンド実行
11


20
21
22
23
24 ←11〜30行まで表示されます。(例では省略しています。)
25
26
27
28
29
30
-----------------------------------------------------------------


失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】

リナックスマスタープロセミナー【RHEL8研修】
一生使えるLinuxスキルが欲しい初心者向けセミナーです。
RHELをゼロからインストールするところから学べます。

AWSマスターセミナー【Amazon Linux研修】
AWS初心者向けセミナーです。ログインや料金確認などの基礎から
ロードバランサーなど業務で使える実用的なスキルが1日で学べます。

■AWS構築マニュアルを無料プレゼント
たった13分で、AWSにWordPress環境が作れます。
申し込みはフォームに名前とメールアドレスを登録するだけです。
お名前*
メールアドレス *
※不正メールアドレスを登録した場合、マニュアルが届きませんのでご注意ください。


<<関連記事>>
・pstree
・chsh
・finger
・du
・uname

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】