tailコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイル内の最後だけを表示する

■-- 文法 --■

tail (オプション) ファイル名

     例)
       tail▲new_file.txt
      「new_file.txt」ファイル内の後ろだけ表示する
※▲はスペースを表してます。

■ オプション

-行数 指定した行数を最後から表示する
-f ファイルの内容を自動ループで表示する

■ 実行例

-----------------------------------------------------------------
ファイルの後ろから好きな行数分だけ表示することができます。
でも、あまり大きい行数を指定すると、catと変わらなくなるので注意が必要です。

このオプションを省略するとファイルの先頭から10行表示されます、これは「tail -n 10 ファイル名」を指定したのと同じになります。

「-n」を省略して、「-行数」でも同じ結果が表示されます。

-----------------------------------------------------------------
$tail list.txt ←「tail」コマンド実行
21
22
23
24
25
26 ←21〜30行まで表示されます。(例では省略しています。)
27
28
29
30
-----------------------------------------------------------------
「head」コマンドで先頭から表示させるコマンドがあれば当然ファイルの後ろから表示させるコマンドもあります。
「tail」という読んでそのままの意味のコマンドです(笑)

主な使い方としては、先に紹介した「head」とそれほど変わりません。ファイルの後ろから内容を確認するというところだけです。

-----------------------------------------------------------------
% tail -20 list.txt ←「tail」コマンド実行
11


20
21
22
23
24 ←11〜30行まで表示されます。(例では省略しています。)
25
26
27
28
29
30
-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする