Linuxセキュリティ情報を効率的に収集する方法

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinux日記 > Linuxセキュリティ情報を効率的に収集する方法

人気セミナー

【CentOS8開催】リナックスマスターセミナー(ZOOM対応)
CentOS8対応を記念して、『受講料70%OFF』キャンペーンを実施中です。
いますぐ、↑をクリックしてください。

(ZOOMセミナーの様子)

Linuxを利用するメリットの一つに
非常に優れた機能と安定性を備えたOSを
無償利用できる点があります。

しかし、その反面、
無償で利用するということは、
運用、管理、トラブル対応を
すべて自分で対応しないといけない
という事になります。

それがイヤなら、
ベンダーなどに料金を支払って
対応してもらう必要があります。

Linuxを使っていて特に気になるのは、
Linuxのセキュリティ情報ってどこから得れば良いの?
ということだと思います。

あなたもそうではないですか?


 1番人気 たった1日でプロ技術が習得できるLinuxセミナー



Linuxをサーバー目的で利用した場合、
運用開始後からが本番になります。

長く運用しようと思うと、
定期的なセキュリティアップデートは避けて通れません。

そこで、
あなたにぜひ活用してもらいたいサイトがあります。

そのサイトとは、

JPCERT/CC」です。

このサイトは、Linuxに限らず
IT製品全般のセキュリティ情報を
アナウンスしてくれる団体になります。

なので、
Linuxに携わっていなくても
IT系の業務であれば、必ず役立ちます。

まだ、このサイトを活用していないのなら、
今すぐして欲しいことがあります。

それは、
メーリングリストに登録してください。
とても簡単なので、1分でできますよ。

方法は、「JPCERT/CC」サイトのメニューに
「情報を受け取る」という箇所があるので、
そこから「メーリングリスト」に登録してください。

記載されてる宛先に、決めらた本文を記載して送るだけです。
それだけで自動登録されます。

登録すると、週に1回、緊急性の高いものはその都度、
セキュリティ情報がメールで送られてきます。

その送られてくるメールを確認して、
自分が携わっているシステムに
対象のソフトやハードウェアが
含まれていないかを確認してもらい、
もし含まれている場合は、
詳細を確認して対応の有無を検討してください。

自分から情報を探しにいくのではなく、
向こうから送られてくるものを確認するだけで済みます。

とても簡単にセキュリティ情報をチェックできますよ。
ぜひ、今すぐ登録して活用してくださいね!


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気講座リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・Linuxスキルアップに重要な3つのポイント
・データから見るLinuxの将来性
・Linux安全神話の崩壊
・ダウンロード出来なくなったRPMを入手する方法
・Linux業界を短期間で理解する方法

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】