Linux安全神話の崩壊


■Linux入門無料マニュアル
RHEL・MIRACLELINUX・Ubuntuに対応した
全516ページのLinux入門マニュアルを無料プレゼント中です。
これさえあれば自分専用のLinux環境が作れます。
↓↓今すぐダウンロードしてください↓↓
Linux入門無料マニュアルのダウンロードはこちらをクリック



■AWS入門マニュアル【無料プレゼント】
たった13分でWordPressサーバーが作れるAWSマニュアルを【期間限定】プレゼント中です。
AWS入門マニュアルは↓から今すぐダウンロードしてください。

【無料プレゼント】AWS入門マニュアルのダウンロードはこちらをクリック

これまでLinuxでシステム構築すれば
「安全」と言われてきました。

堅牢で安定性が高く、セキュリティに強いOSだと・・・。

しかも、
無料で利用できるので、
年々シェアが増加しています。

しかし今、
「Linux安全神話」は崩壊しています。

まずは、↓の記事をご覧ください。
MiraiによるDDoS攻撃はIoTからLinuxサーバーに移行

Linuxサーバーがサイバー攻撃で狙われる理由とは?

Linuxランサムウェア被害拡大

Linuxに感染する仮想通貨発掘マルウェア

このように、Linuxがマルウェアの
攻撃対象になっている事例が急増しています。



■Linux入門無料マニュアル
RHEL・MIRACLELINUX・Ubuntuに対応した
全516ページのLinux入門マニュアルを無料プレゼント中です。
これさえあれば自分専用のLinux環境が作れます。
↓↓今すぐダウンロードしてください↓↓
Linux入門無料マニュアルのダウンロードはこちらをクリック



■AWS入門マニュアル【無料プレゼント】
たった13分でWordPressサーバーが作れるAWSマニュアルを【期間限定】プレゼント中です。
AWS入門マニュアルは↓から今すぐダウンロードしてください。

【無料プレゼント】AWS入門マニュアルのダウンロードはこちらをクリック


その背景には、
開発者用プラットフォームやWebサーバー、
社内ファイルサーバーなど、
重要な役割を担う業務で
利用されるようになった事が挙げられます。

Linux市場が大きくなった事で、
悪意のある攻撃者が、Linux用マルウェアを
作るメリットが生まれてしまった。
という皮肉な結果になってしまいました。

先に紹介した記事にある通り、
セキュリティ対策が施されていないLinuxサーバーは、
Linux向けの脅威やマルチプラットフォーム対応の脅威から
常に攻撃されており、実害が報告されています。

一度侵入を許せば、Windows、Mac、Android向け
マルウェアの中継役となるだけではなく、
情報漏えいや金銭被害の危険性もあります。

従って、「イントラ利用だから大丈夫。」
という事もありません。

マルウェア対策をしていない
Linuxサーバーが中継機となって、
被害拡大の原因となったケースもあります。

Linuxは、誰でも無料利用できる素晴らしいOSですが、
趣味で独学構築したサーバーを安全に運用できる
というのは、もう昔の話です。

今は、業務・プライベートに関わらず、
サーバー利用するなら、
「現場レベルで要求される堅牢なセキュリティ対策」が
必須になっています。

そうしないと、ネットに公開するしないに関わらず、
Linuxをサーバー利用することは、非常に危険です。

また、
「現場レベルで要求される堅牢なセキュリティ対策」は、
その時、その時によって変化します。

以前は、
Linuxのマルウェア対策も必須ではありませんでした。

しかし、取り巻く環境が変化したせいで、
今では必須になっています。

Linuxを取り巻く環境が変化すれば、
それに合わせて、「正しいLinuxセキュリティ対策」、
構築技術も変わっていきます。

ここで言う「正しいLinux技術」とは、
現在、稼働しているシステムの技術をフィードバックした技術」です。

セキュリティ対策を含め、正しいLinux技術は、
現場で稼働しているシステムから得るしか方法がありません。

私が主催している講座やセミナーも
時代の流れ、現場からのフィードバックで
常にアップデートし変化してきました。


確実に言えるのは、
必須となるセキュリティ対策や設定が、
年々増えている事です。

つまり、
1年前に最初に最低限覚えなければならない技術と
現在覚えなければならない技術の量を比較すると、
現在の方が圧倒的に多いのです。

Linuxは、後になって習得しようとすればするほど、
最初に覚えなければならない事が増え、
ハードルが年々高くなっています。
(始めるのなら、早くスタートすることをお勧めします。)

Linuxを取り巻く環境は、ここ数年で劇的に変化し、
現場レベルのセキュリティ対策が必須になっています。
Linuxが「安全」というのは、もう過去の事です。


■Linux入門無料マニュアル
RHEL・MIRACLELINUX・Ubuntuに対応した
全516ページのLinux入門マニュアルを無料プレゼント中です。
これさえあれば自分専用のLinux環境が作れます。
↓↓今すぐダウンロードしてください↓↓
Linux入門無料マニュアルのダウンロードはこちらをクリック



■【無料プレゼント】AWS入門PDFマニュアル
たった13分でWordPressサーバーが作れるAWSマニュアルを【期間限定】プレゼント中です。
AWS入門マニュアルは↓から今すぐダウンロードしてください。

【無料プレゼント】AWS入門PDFマニュアルのダウンロードはこちら


人気セミナー

■2日でLinuxエンジニアとして一人前の技術を身につけるセミナー
「大袈裟すぎ...」「できるわけない...」そう思うのはわかります。でも...
その理由が知りたい方は、↓をクリックしてください。
【Linuxセミナー研修】リナックスマスタープロセミナー(2日間RHEL研修)

■自宅で30日でLinuxエンジニアとして一人前の技術を身につける講座
自宅にいながらプロのLinuxエンジニアの技術がマスターできる講座です。
自分のペースで学習を進められます。
【Linux講座】リナックスマスターホームスタディ講座

■AWS基礎が1日でマスターできるセミナー
AWS初心者向けセミナーです。ログインや料金確認などの基礎から
ロードバランサーなど業務で使える実用的なスキルが1日で学べます。
【AWSセミナー研修】AWSマスター【初級編】

■2日で災害対策、障害対策「止まらないシステム」を構築するセミナー
「企業が安心して使えるLinux環境をAWSに構築する」ハンズオンセミナーです。
「AWSベーシックマスターセミナー」より上位のセミナーになります。
【AWSセミナー研修】AWSマスター【上級編】

■失敗しないLinux転職
あなたが「Linuxエンジニアになりたいけど、失敗したくない。」と思っているなら、
知っておいてほしい事をまとめました。
失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


<<関連記事>>
・Linuxスキルアップに重要な3つのポイント
・データから見るLinuxの将来性
・ダウンロード出来なくなったRPMを入手する方法
・Linux業界を短期間で理解する方法
・Linuxセキュリティ情報を効率的に収集する方法

スポンサードリンク