Fedora 31リリース


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロの技術を、たった2日で習得できます。
Linuxは業界でもトップレベルの需要がありますが、技術者不足が深刻です。
あなたがいま始めれば、
数カ月後、数年後の「キャリア」と「年収」に大きなインパクトを与えます。

一生使える本物のLinux技術を短期マスターしませんか?
ライバルが少ない今だからこそ、始めるチャンスです。

リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

2019年11月5日、「⁠Fedora 31」が正式リリースされました。
オフシャルエディションは下記2つになります。
・デスクトップ版「Fedora Workstation⁠」
・サーバー版「Fedora Server」

上記の他に、
プレビュー版として下記3つのエディションがリリースされています。
・コンテナワークロードに最適化された「Fedora CoreOS⁠」
・デスクトップをイミュータブルに設計した「Fedora Silverblue⁠」⁠
・IoTやエッジコンピューティングに特化した「Fedora IoT」

Fedora 31には、下記バージョンのソフトおよび、仕様が採用しています。
・カーネル Linux 5.3
・デスクトップ環境 GNOME 3.34
・Glibc 2.3
・Python 3
・RPM 4.15
・Golang 1.13
・Perl 5.30
・NodeJS 12
・i686アーキテクチャのサポートが完全終了
・Python 2の削除
・SSHにおけるrootログイン無効化

「Fedora 29」は11月26日にサポート終了期限(EOL)となる為、
既存ユーザーはFedora 31(またはFedora 30)へのアップデートが推奨されています。

2019年11月5日 Fedora 31がリリース,Linux 5.3 & GNOME 3.34搭載

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする