Apacheに脆弱性(CVE-2017-9798)、メモリから情報漏えいの恐れ

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinux情報・技術・セキュリティ > Apacheに脆弱性(CVE-2017-9798)、メモリから情報漏えいの恐れ

人気セミナー

AWSマスターセミナー【Amazon Linux研修】



ApacheにCVE-2017-9798の脆弱性が報告されています。

■影響するバージョン
httpd 2.2.34および2.4.27以前
一時情報源

■脆弱性内容
・メモリからの情報漏えい
・.htaccessでLimitディレクティブが使用できる場合、遠隔の攻撃者がプロセスメモリのデータを読み取ることができる

■対応方法
各ディストリビューションのアナウンスに従い、アップデートを行う
Red Hat / CentOS
Debian
Ubuntu


 1番人気 【Linuxセミナー】リナックスマスターセミナー【CentOS/Ubuntu研修】



人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


入門講座【Linux講座】リナックスマスター・ホームスタディ講座【初級編】


人気講座【クラウド講座】リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・RHEL7/CentOS7が重要カーネルセキュリティアップデートをリリース【CVE-2019-14821/CVE-2019-15239】
・PostgreSQL 12が公開と2019年10月データベース人気ランキング
・CentOS8とCentOS7の違い、変更点のまとめ
・Apache Tomcat の複数の脆弱性に対するアップデート(CVE-2017-7674、CVE-2017-7675)
・PostgreSQLが最新バージョンをリリース(2017-08-10)

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】