古いバージョンのCentOSをダウンロードするには?

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinux情報・技術・セキュリティ > 古いバージョンのCentOSをダウンロードするには?

人気セミナーリナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】


 無料進呈 CentOS7サーバー構築マニュアル無料プレゼント


こんにちわ。
リナックスマスター.JPの宮崎です。

突然ですが、あなたが好きなLinuxって何ですか?
Vine Linuxですか?
Fedoraですか?
それともUbuntuでしょうか?

CentOSという人も結構多いのではないかと思います。
centos_20100326.jpg

でも、CentOSって新しいバージョンがリリースされると
過去の旧バージョンは公式サイトから削除され
ダウンロード出来なくなってしまいます。
(Vine Linuxは旧バージョンもダウンロードできます。)

CentOS公式サイト

今日は削除されてダウンロード出来なくなった旧バージョンの
CentOSをダウンロードする方法をご紹介します。


 無料進呈 CentOS7サーバー構築マニュアル無料プレゼント


Linuxって前に買った本や参考にしているサイトによっては
古いバージョンでサーバー構築しなくてはならない状況に
なる場合が結構あります。

そんな時に古いバージョンのLinuxを公式サイトからダウンロード出来なければ
その時点で先に進めなくなってしまいます。

私もこのようなサイトを運営していると「このバージョンのCentOSがダウンロード
出来ません。」という悲鳴にも似たメールをもらいます(笑)

そんな時、ぜひアクセスして欲しいのが↓のサイトになります。
http://vault.centos.org/

このサイトはCentOS2.1以降のCentOSがダウンロードできるとても貴重なサイトです。

もし、あなたが今後なんらかの理由で古いCentOSを使わなければならないといった場合、
ぜひこのサイトにアクセスして希望するバージョンのCentOSをダウンロードしてください。

ちなみにインストールCDのイメージファイルがあるディレクトリは
バージョンによって異なる様です。
CentOS7.1の場合は「http://vault.centos.org/7.1.1503/isos/x86_64/」、
CentOS7.0の場合は「http://vault.centos.org/7.0.1406/isos/x86_64/」、
CentOS5.2の場合は「http://vault.centos.org/5.2/isos/i386/」、
CentOS3.1の場合は「http://vault.centos.org/3.1/isos/」です。

バージョンによってディレクトリ構成が若干異なるようですので
順番にすべてのディレクトリを確認しないと見つけられない
ものもあるかもしれませんので注意が必要ですね。

まぁ、古いCentOS自体入手がなかなか難しいので
そんな贅沢はあまり言えませんが・・・(笑)

それでは今後ともよろしくお願いします。


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気講座リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・RHEL7/CentOS7が重要カーネルセキュリティアップデートをリリース【CVE-2019-14821/CVE-2019-15239】
・Linuxの「sudo」コマンドにroot権限奪取の脆弱性
・PostgreSQL 12が公開と2019年10月データベース人気ランキング
・CentOS8とCentOS7の違い、変更点のまとめ
・Apacheに脆弱性(CVE-2017-9798)、メモリから情報漏えいの恐れ

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】