Linuxサーバー(PowerEdge830)を掃除しました。

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinux日記 > Linuxサーバー(PowerEdge830)を掃除しました。

人気セミナー

「リナックスマスターWebセミナー」コース新設
リナックスマスターセミナーを自宅受講できます。

リナックスマスターWebセミナーの詳細は、こちらをクリック。
アフターコロナのIT業界について

こんにちわ。
リナックスマスター.JPの宮崎です。

早いもので今年ももう9月になりましたが、如何お過ごしでしょうか。
いまだ関東は猛暑日が続いています。

実は今日、2台稼働させていたサーバーのうち、1台をテスト用として使用するため、
もう1台のサーバーにすべてのデータを移行し、掃除しました。

e90b83d4.jpg
(サーバーは3台所有していますが、現在稼働しているのは左の2台になります。)


 無料進呈 CentOS7サーバー構築マニュアル無料プレゼント


DSC08383.jpg

稼働して3〜4年が経過しているため、かなり汚れている事を覚悟して
本体を開けました。

しかし、思ったより綺麗で、すぐに掃除がおわり一安心。
(それでも、それなりに汚れていましたが・・・。)

DSC08378.jpg

DSC08381.jpg

使用しているサーバーは、DELLの「PowerEdge 830」という機種で
ランクとしてはエントリーモデルになりますが、丈夫で壊れないのが気に入っています。
また、DELLのサーバーはメンテナンスのこともよく考えられて作られており、
本体カバーを開けるのがネジ1本緩めれば良いだけというのも非常に便利です。

DSC08403.jpg

今となっては古い機種になってしまいますが、Linuxをインストールして
サーバーとして稼働させる分には十分すぎるスペックがあります。

■サーバースペック
CPU:Pentium D 3GHz
メモリ:2GB
HDD:250GB

購入した当時は10万円ほどしたのですが、今はもっと良いスペックのものが
1万円前後から手に入ります。良い時代になりました。

現在のPowerEdge830の値段


現在のPowerEdge830の値段(ヤフオク)

Linuxはテキストモードを使用すれば、低スペックのPCでもサクサク稼働するので、
初期費用が低く、始めやすいのが良いですね。スキルアップの為にしても、
大人の趣味としても費用が安くできるのは良い事です。

ちなみにこのサーバーを使って何をするかはまだ秘密です。
近日中にお知らせできるかと思いますのでお楽しみに♪


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気講座リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・Linuxスキルアップに重要な3つのポイント
・データから見るLinuxの将来性
・Linux安全神話の崩壊
・ダウンロード出来なくなったRPMを入手する方法
・Linux業界を短期間で理解する方法

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】