VMwareで「Device eth0 has different MAC address than expected, ignoring.」と表示された場合の対処法

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログ70.VMware Player関連, Linuxエラー対処法 > VMwareで「Device eth0 has different MAC address than expected, ignoring.」と表示された場合の対処法

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxをインストール後、起動すると起動画面上で
「Device eth0 has different MAC address than expected, ignoring.」と表示され、
eth0が起動しない状態になった時の対処法を記載しておきます。

■エラーメッセージ
Device eth0 has different MAC address than expected, ignoring.

1.下記コマンドを実行し、ネットワーク設定ファイルを編集する
 # vi /etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0

2.HWADDRを無効にする
 ifcfg-eth0ファイル内に記載されている「HWADDR」の行をコメントアウト
 または、削除する

3.下記コマンドを実行してネットワークを再起動する
 # /etc/rc.d/init.d/network restart

4.ネットワークに接続できることを確認

今回は上記の手順で解決出来ましたが、場合によっては別手順が必要に
なる可能性もありますのでご了承ください。

解決策の一例として記載しておきます。



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする