viエディタ(vim)で「readonlyオプションが設定されています」と表示された場合

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinuxエラー対処法 > viエディタ(vim)で「readonlyオプションが設定されています」と表示された場合

人気セミナーリナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】

現場で使えるLinuxサーバーを構築しながら、
その技術を体系的に学べる「初心者向けLinuxセミナー」です。
独学で1年以上掛かる技術を、たった2日で習得できます。


viエディタ(vim)を使用していて、保存終了しようとした際、
E45:'readonly'オプションが設定されています(!で追加上書き)
表示された場合の対処法を説明します。

E45:'readonly'オプションが設定されています(!で追加上書き)の例

vim_readonly.jpg


viエディタ(vim)で「readonlyオプションが設定されています」の原因

書き込み権限がないファイルを編集(例としてrootでしか編集できない
ファイルを一般ユーザーで編集している)、またはviewなどの参照コマンドで
ファイルを開いて編集し、保存しようとした場合に発生します。

viエディタ(vim)で「readonlyオプションが設定されています」の対処法

1.書き込み権限があるユーザーでviewで開き、編集した場合は、
:wq!」で強制的に保存終了できます。

2.書き込み権限がないユーザーで、viエディタ(vim)またはviewで開いて
編集した場合は、「:q!」を実行し、
保存せずにエディタを強制終了します。
再度、書き込み権限のあるユーザー(rootなど)で最初から編集します。

現在使用しているユーザーに書き込み権限があるかどうか
わからない場合は、2の方法を実施するのが確実です。


人気記事Linuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気記事CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント



<<関連記事>>
・yumコマンドがロックファイルエラーになった時の対処
・大量のファイル削除で「-bash: /bin/rm: 引数リストが長すぎます」エラーの対処法
・wget: ホストアドレスを解決できませんでした。の解決法
・clamd(Clam Antivirus)の起動で「timeout」エラーになる時の対処法
・MySQLコンパイル時にc++: internal compiler error: Killed (program cc1plus)が発生した時の対処法

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】