Let's EncryptのSSL証明書更新処理がエラーになった場合の対処

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinuxエラー対処法 > Let's EncryptのSSL証明書更新処理がエラーになった場合の対処

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロの技術を、たった2日で習得できます。
Linuxは業界でもトップレベルの需要がありますが、技術者不足が深刻です。
あなたがいま始めれば、
数カ月後、数年後の「キャリア」と「年収」に大きなインパクトを与えます。

一生使える本物のLinux技術を短期マスターしませんか?
ライバルが少ない今だからこそ、始めるチャンスです。

リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

無料SSL証明書として有名なLet's Encryptを使用していて、
証明書更新処理で下記エラーが発生しました。
自動更新処理でも同様のエラーが発生しています。

■エラーログ
OSError: Command /opt/eff.org/certbot/venv/bin/python2.7 - setuptools pip wheel failed with error code 1

■実行ログ
# certbot-auto renew --force-renew --dry-run && systemctl restart nginx.service
Bootstrapping dependencies for RedHat-based OSes... (you can skip this with --no-bootstrap)
yum は /bin/yum です
yum はハッシュされています (/bin/yum)
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp-srv2.kddilabs.jp
* rpmforge: ftp.kddilabs.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
パッケージ gcc-4.8.5-36.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ augeas-libs-1.4.0-6.el7_6.1.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ 1:openssl-1.0.2k-16.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ 1:openssl-devel-1.0.2k-16.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ libffi-devel-3.0.13-18.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ redhat-rpm-config-9.1.0-87.el7.centos.noarch はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ ca-certificates-2018.2.22-70.0.el7_5.noarch はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ python-devel-2.7.5-76.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ python-virtualenv-15.1.0-2.el7.noarch はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ python-tools-2.7.5-76.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ python-pip は利用できません。
何もしません
Creating virtual environment...
Traceback (most recent call last):
File "/usr/lib/python2.7/site-packages/virtualenv.py", line 2327, in
main()
File "/usr/lib/python2.7/site-packages/virtualenv.py", line 712, in main
symlink=options.symlink)
File "/usr/lib/python2.7/site-packages/virtualenv.py", line 944, in create_environment
download=download,
File "/usr/lib/python2.7/site-packages/virtualenv.py", line 900, in install_wheel
call_subprocess(cmd, show_stdout=False, extra_env=env, stdin=SCRIPT)
File "/usr/lib/python2.7/site-packages/virtualenv.py", line 796, in call_subprocess
% (cmd_desc, proc.returncode))
OSError: Command /opt/eff.org/certbot/venv/bin/python2.7 - setuptools pip wheel failed with error code 1

対応としては、python-pipをインストールして、pipをアップグレードします。
実行コマンドは下記の通りです。

■対応手順
# yum --enablerepo=epel install python-pip
# pip install --upgrade setuptools
# pip install --upgrade virtualenv
# pip install --upgrade pip

上記を実行することで、更新処理が行えるようになりました。

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする