warning: connect to transport private/smtp-amavis: No such file or directoryの対処法

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinuxエラー対処法 > warning: connect to transport private/smtp-amavis: No such file or directoryの対処法

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Postfix + Clam AntiVirus + SpamAssassin環境下で、
/var/log/maillogファイルに下記ログが出力され、
メール送信が出来ない場合の対処法を紹介します。
warning: connect to transport private/smtp-amavis: No such file or directory

上記警告ログが出力され、メール送信ができない場合、
/var/spool/postfix/private/smtp-amavisディレクトリが
存在しないのが原因となります。

では、なぜこのディレクトリが存在しないのかというと、
疑うべきは、/etc/postfix/master.cfファイルになります。
このファイルに誤りがないか確認を行ってください。

今回サポートして原因調査を行ったところ下記の単純記述ミスが
原因でした。

誤)
mtp-amavis unix - - n - 2 smtp

正)
smtp-amavis unix - - n - 2 smtp

行頭の「s」がなく、恐らく本人が気づかない内に
誤って削除したものと思われます。

スポンサードリンク


■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする