CentOS7でログが出力されない


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

クラウド環境でサーバー運用をしていて、/var/log/配下のログファイルが
出力されていない現象が発生しました。
最後に出力されてる/var/log/messagesファイルを確認すると、
下記ログが出力されていました。

Oct 27 13:45:42 vps-demo-002 rsyslogd: [origin software="rsyslogd" swVersion="7.4.7" x-pid="596" x-info="http://www.rsyslog.com"] rsyslogd was HUPed

調べてみると、対応策がありました。
Red Hat Bugzilla – Bug 1088021Changing a VM host's time disables rsyslog file logging

実行する内容は下記の通り。
・/var/lib/rsyslog/imjournal.stateファイルを削除する
・rsyslogを再起動する


下記コマンドを実行しました。
[root@vps-demo-002 log]# rm /var/lib/rsyslog/imjournal.state
rm: 通常ファイル `/var/lib/rsyslog/imjournal.state' を削除しますか? y

[root@vps-demo-002 log]# systemctl restart rsyslog

実行後、無事にログファイルが出力されました。
どうやらこの現象、仮想環境でCentOS7を運用していると起こるらしいです。
ホストとVMの時刻の関係が原因とのこと。



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする