Disk sda contains BIOS RAID metadata, but is not part of any recognized BIOS RAID sets. lgnoring disk sda.エラーの回避方法

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinuxエラー対処法 > Disk sda contains BIOS RAID metadata, but is not part of any recognized BIOS RAID sets. lgnoring disk sda.エラーの回避方法

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

CentOSをサーバーにインストールしていて、下記の警告メッセージが表示されて
インストールできない機種のサーバーが存在ます。

Disk sda contains BIOS RAID metadata, but is not part of any recognized BIOS RAID sets. lgnoring disk sda.
DSC04242.jpg

RAID設定していないにも関わらず、警告が表示され、ハードディスクを認識してくれません。
そのまま、インストールを進めても結局は下記画面が表示され、サーバーの再起動を余儀なくされます。
DSC04246.jpg

今回、この現象が起こったのは、ヒューレット・パッカードのhp ProLiant ML330です。
DSC04232.jpg

DSC04240.jpg

このエラーの回避法は、インストールの冒頭でnodmraidオプションを
付けてインストールすることで回避出来ます。

1.下記インストール選択画面で「tab」キーを入力します。
nodmraid01.jpg

2.下記オプション設定画面になります。
nodmraid02.jpg

3.nodmraidオプションを付けて「Enter」キーを入力してインストールを続行します。
nodmraid03.jpg

上記手順を行えば、今回のエラーを回避出来ます。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする