VMwareで「Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization」と表示された時の対処法 その2

HOMEリナックスマスター.JP 公式ブログLinuxの質問70.VMware Player関連, Linuxエラー対処法 > VMwareで「Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization」と表示された時の対処法 その2

人気セミナー

「リナックスマスターWebセミナー」コース新設
リナックスマスターセミナーを自宅受講できます。

リナックスマスターWebセミナーの詳細は、こちらをクリック。
アフターコロナのIT業界について

VMwareを使用してNICを起動しようとした際、
「Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization」と表示され、
エラーになった場合の対処法を紹介します。

■エラーメッセージ
Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization

上記メッセージが表示されて、NICが起動しない場合、
本ページで紹介している方法を使用することで回飛出来る場合があります。


 無料進呈 CentOS7サーバー構築マニュアル無料プレゼント


■対応手順
1.コマンド「/sbin/ifconfig -a」を実行してeth0が存在しない事を確認する

2.「/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules」ファイルを編集し、NAME="eth0"と記述されてる行を削除し、
  NAME="eth1"と記述されている箇所をNAME="eth0"に書き換えサーバーを再起動する

3.「/sbin/ifconfig -a」を実行してeth0のMACアドレスを取得する

4.3で取得したMACアドレスを「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0」ファイルのHWADDR
  箇所にエディタで設定する

5.コマンド「ifup eth0」 を実行してeth0を起動(またはLinux自体を再起動)

6.ネットワークに接続できることを確認する

今回は上記の手順で解決出来ましたが、場合によっては別手順が必要に
なる可能性もありますのでご了承ください。解決策の一例として記載しておきます。

ちなみに、vmxファイルやvmdkファイルをコピーした場合に
このような現象が起こることが多いようです。


<<関連記事>>
VMwareでpcbet32 devuce eth0 does not seem to be presentと表示された時の対処法
VMwareで「Device eth0 has different MAC address than expected, ignoring.」と表示された場合の対処法
VMwareで「Bringing up interface eth0: Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization. [FAILD]」 と表示された時の対処法


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気講座リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・Intel VT-x に対応していますが、Intel VT-x は無効になっています。エラーの対応手順
・VMware Player5でプロセッサコア数を変更する
・VMwareで「pcbet32 devuce eth0 does not seem to be present」と表示された時の対処法
・VMware3で「ディスクのOSの種類を検出できませんでした。インストールするOSを指定する必要があります。」と表示された場合の対処法
・VMware Player3を使うメリット

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】