システムを停止する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

システムを停止するにはいくつか方法がありますが、haltコマンドを実行すると
接続しているユーザすべてにシステム停止メッセージを送り、ランレベルが
「0」に移行し停止プロセスを開始します。

通常はrootユーザになって実行しますが、haltコマンドは一般ユーザでも
実行可能です。但し、一般ユーザで実行する場合、ディストリビューションにより
動作が下記のように異なります。

一般ユーザでhaltコマンドを実行した場合の各ディストリビューションの挙動
RedHat系:一般ユーザで実行可能。ただし、リモートホストからコマンドを実行した場合は無視される
Vine Linux:rootユーザのパスワードを求め、正しい場合停止プロセスを実行
Turbolinux:rootユーザのパスワードを求め、正しい場合停止プロセスを実行
Debian GNU/Linux:一般ユーザでの実行不可
Plamo Linux:一般ユーザでの実行不可

[root@Tiger ~]# halt ←システムを停止します。

Broadcast message from root (pts/0) (Thu Jun 10 17:05:51 2010):

The system is going down for system halt NOW!


■関連記事
システムをすぐに再起動する
システムの再起動を高速に行う
指定時間後にシステムを再起動する
shutdownコマンドの詳細はこちら
rebootコマンドの詳細はこちら
haltコマンドの詳細はこちら



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする