システムをすぐに再起動する


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


rebootはすぐにシステムを再起動するためのコマンドです。
通常システムの停止にはshutdownコマンドが使用されますが、
rebootはこのshutdownコマンドの短縮形といえます。

shutdownコマンドでシステムの再起動を行う場合には、
オプション「r」を引数としてつける必要がありますが、rebootは引数が必要ありません。

また、rebootと同様にすぐにシステムを停止するコマンドにhaltあります。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

システムをすぐに再起動する

■rebootの場合
[root@tiger root]# reboot ←rebootコマンドを実行します。

Broadcast message from root (pts/0) (Wed Apr 11 17:17:07 2007):

The system is going down for reboot NOW! ←ログインユーザーへ再起動のメッセージが表示され、再起動処理が開始されます。

■shutdownの場合
[root@Tiger ~]# shutdown -r now ←shutdownコマンドを実行します。

Broadcast message from root (pts/0) (Thu Jun 10 14:07:46 2010):

The system is going down for reboot NOW!


■関連記事
システムの再起動を高速に行う
指定時間後にシステムを再起動する
shutdownコマンドの詳細はこちら
rebootコマンドの詳細はこちら
haltコマンドの詳細はこちら


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・LinuxのOS種類とバージョンを確認する
・Perlモジュールを一覧表示する
・Linuxのシステムクロック、ハードウェアクロック
・Linuxログの調査をする
・システム終了を中止する

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】