システムの再起動を高速に行う


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxが起動する時には「fsck」というファイルシステムのチェック処理が
実行がされます。再起動時もこの処理が行われるため、その分起動時間が
長くなります。

そのfsck処理を省略して再起動することで短時間に再起動を行うことができます。
短時間に再起動を行うにはshutdownコマンドに「-f」オプションを付けて
実行します。

[pakira@Tiger ~]$ su - ←root権限になります。
パスワード:   ←パスワードを入力します。
[root@Tiger ~]# shutdown -rf now ←shutdownコマンドを実行します。

Broadcast message from root (pts/0) (Thu Jun 10 14:13:33 2010):

The system is going down for reboot NOW!


■関連記事
システムをすぐに再起動する
指定時間後にシステムを再起動する
shutdownコマンドの詳細はこちら
rebootコマンドの詳細はこちら
haltコマンドの詳細はこちら



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
 ・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
 ・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
 ・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築マニュアル(28ページ)

詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする