指定時間後にシステムを再起動する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

システムの再起動を行う場合の多くはすぐに再起動を行うことが多いと思いますが、
まれに何らかの処理が終了するのを待って実行する場合もあります。
こうした場合、再起動の実行を予約することができます。

これを実行するにはshutdownコマンドに「-r」オプションを付けて、何分後に
再起動するのか分で時間指定します。

[pakira@Tiger ~]$ su - ←rootになります。
パスワード:   ←パスワードを入力します。
[root@Tiger ~]# shutdown -r +3 ←3分後に再起動するよう指定します。

Broadcast message from root (pts/0) (Thu Jun 10 14:18:20 2010):

The system is going DOWN for reboot in 3 minutes!

Broadcast message from root (pts/0) (Thu Jun 10 14:19:20 2010):

The system is going DOWN for reboot in 2 minutes! ←1分ごとにカウントダウンされます。
Broadcast message from root (pts/0) (Thu Jun 10 14:20:20 2010):

The system is going DOWN for reboot in 1 minute! ←1分ごとにカウントダウンされます。

Broadcast message from root (pts/0) (Thu Jun 10 14:21:20 2010):

The system is going down for reboot NOW!


■関連記事
システムをすぐに再起動する
システムの再起動を高速に行う
shutdownコマンドの詳細はこちら
rebootコマンドの詳細はこちら



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする