RPMパッケージをインストールする

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, RPM > RPMパッケージをインストールする

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

rpmパッケージをインストールするには、rpmコマンドにオプション「-i」を
付けてコマンドを実行します。また一般的に「-i」オプションと同時に使用される
サブオプションにはパッケージ名を表示する「-v」オプション、インストールの
進行状況を50個のハッシュ(#)で表示する「-h」オプションがあります。

このrpmは必ずしもroot権限を必要としませんが、インストールの過程で
root権限を必要とする処理がある場合、エラーが表示されるので注意が
必要です。

[root@Tiger src]# rpm -ivh krb5-devel-1.6.1-36.el5.i386.rpm ←rpmパッケージをインストールします。
警告: krb5-devel-1.6.1-36.el5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID e8562897
準備中... ########################################### [100%]
1:krb5-devel ########################################### [100%]

※上記のRPM実行例で表示されている「警告(warning)」について
 rpmコマンドを実行した際、上記の実行例のように「警告」、
 またはwarningが表示される場合があります。
 これはrpm4.1以降採用されたGPG署名のチェックが
 行われていない事を意味します。

 このメッセージが表示されても、インストールやアップグレードに
 影響することはありませんが、警告メッセージを表示させないように
 するには「RPM-GPG-KEY」ファイルを下記実行例のように
 インポートする必要があります。

 # rpm --import RPM-GPG-KEY

 ○CentOS5.5の場合
 # rpm --import http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

■ 関連記事
rpmコマンドの詳細はこちら
RPMパッケージの情報を表示する
インストール済みのRPMパッケージを確認する
特定のプログラムがどのRPMパッケージに含まれているかを確認する
RPMパッケージがインストールされたディレクトリを表示する
依存パッケージを表示する
RPMパッケージのインストールテストを行う



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする