CentOS7でfirewalldの確認と停止(ファイアウォール)


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

CentOS7のファイアウォールでは、これまでのCentOS6系で使用されていた
iptablesよりもfirewalldを使用することが推奨されています。

※CentOS7でもiptablesが使用できます。その場合、firewalldを停止する必要があります。
 逆に、firewalldを使用する場合は、iptablesを停止する必要があります。

インターネットに公開するサーバーでは、ファイアウォールは必須になりますが、
信頼できる内部ネットワーク、開発環境及びテスト環境では無効にしておいた方が
良い場合もあります。

本ページでは、CentOS7から推奨されているfirewalldの状態の確認と、
停止方法を紹介します。


■ファイアウォールの確認をする
[root@Tiger ~]# firewall-cmd --list-services --zone=public
ssh dhcpv6-client ←2つの設定のみ許可されています。

■ファイアウォールを停止をする
ファイアウォールを停止するには、systemctlコマンドを使用します。
停止方法は、2パターンあります。

・ファイアウォールを直ちに停止する
この設定は、直ちにファイアウォールを停止することができますが、
サーバーを再起動すると、再度ファイアウォールが有効になります。
[root@Tiger ~]# systemctl stop firewalld.service

・ファイアウォールを恒久的に停止する
サーバーを再起動してもファイアウォールを停止したままにする場合は、
本設定を実施します。
[root@Tiger ~]# systemctl disable firewalld.service
Removed symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/firewalld.service.
Removed symlink /etc/systemd/system/dbus-org.fedoraproject.FirewallD1.service.

スポンサードリンク


■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする