CentOS7 Hostname(ホスト名)を変更する


人気セミナーリナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】

現場で使えるLinuxサーバーを構築しながら、
その技術を体系的に学べる「初心者向けLinuxセミナー」です。
独学で1年以上掛かる技術を、たった2日で習得できます。


CentOS7でHostname(ホスト名)を変更する方法を紹介します。
変更方法にはいくつか種類があります。

CentOS7のHostname(ホスト名)を一時的に変更する

サーバー起動中のみ変更したHostname(ホスト名)が有効になる方法です。
再起動すると元に戻ります。実行にはhostnameコマンドを使用します。

$ su - ←rootになります。 パスワード: 最終ログイン: 2019/10/22 (火) 18:55:57 JST日時 tty1 # hostname ←hostnameコマンドを実行します。 Tiger ←現在のホスト名を表示します。 # hostname Jaguar ←ホスト名を一時的にJaguarに変更します。 # hostname ←再度hostnameコマンドを実行します。 Jaguar ←ホスト名がJaguarに変更されています。



CentOS7のHostname(ホスト名)を恒久的に変更する

サーバー再起動後も変更したHostname(ホスト名)が有効になる方法です。
hostnamectlコマンドにset-hostnameを付与して実行します。

# hostname ←hostnameコマンドを実行します。 Jaguar ←現在のホスト名を表示します。 # hostnamectl set-hostname Tiger ←ホスト名を恒久的にTigerに変更します。 # hostname ←再度hostnameコマンドを実行します。 tiger ←ホスト名がtigerに変更されています。


CentOS7のHostname(ホスト名)を/etc/hostnameの編集で恒久的に変更する

これまでは、コマンドを使用したHostname(ホスト名)変更を紹介しましたが、
/etc/hostnameファイルを直接編集することでもHostname(ホスト名)の変更が可能です。
編集後は、ファイルを保存終了してください。
編集したままでは、新しいHostname(ホスト名)は反映されないので、
hostnamedのサービスを再起動します。
※CentOS6では、/etc/sysconfig/networkファイルでしたが異なるので要注意です。

# vi /etc/hostname tiger ←この箇所を変更したHostname(ホスト名)に変更します。 # systemctl restart systemd-hostnamed ←hostnamedのサービスを再起動します。


nmcliコマンドでCentOS7のHostname(ホスト名)を変更する

nmcliコマンドでもホスト名設定が可能です。

# nmcli general hostname ←現在設定されているホスト名を確認します。 Jaguar # nmcli general hostname Tiger ←ホスト名を「Tiger」に変更します。 # hostname ←変更後のホスト名を確認します。 Tiger # cat /etc/hostname ←変更後のホスト名を確認します。 Tiger



人気記事Linuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気記事CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント



<<関連記事>>
・MIMEでエンコードされたテキストを読めるように変換する
・viエディタで文字をコピーする
・ハードディスクの使用状況を調べるには
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・tar.gz形式のファイルを解凍、展開するには

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】