ddコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ディバイスなどへファイルコピーや変換を行う

■-- 文法 --■

dd [入力元] [ 出力先 ]

   例)
    dd▲if=/boot/vmlinuz▲of=/dev/fd0
     コピーや変換を行う(起動ディスクを作成する)
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
ddコマンドは入力から出力へデータをコピーするコマンドです。
cpコマンドはファイルからファイルにコピーするだけですが、
ddコマンドはファイルからデバイス、デバイスからファイル、
デバイスからデバイスへのコピーも可能なため、ディスクの
バックアップやダンプにも使用でき、cpコマンドよりも汎用性が
高いのが特徴です。


■ 主なオプション

if=[file] 入力ファイル file から読み込む
of=[file] 出力ファイル file へ書き出す
bs=[size] 入出力のブロックサイズを指定
ibs=[size] 入力のブロックサイズを指定
obs=[size] 出力のブロックサイズを指定
count=[block] コピーするブロック数を指定
conv=変換オプション 変換オプションを指定
seek=[block] 出力の開始位置を指定されたブロックに移動してからコピーする
skip=[block] 入力の開始位置を指定されたブロックに移動してからコピーする


■ 実行例

▼ ハードディスク上のパーティションを、別のディスクにコピーする
[root@Tiger ~]# dd if=/dev/sda2 of=/dev/sdb2 bs=4096 conv=notrunc,noerror

▼ ハードディスク全体を完全消去する
[root@Tiger ~]# dd if=/dev/urandom of=/dev/hda

▼ CDをiso仮想イメージファイルに変換する
[root@Tiger ~]# dd if=/dev/cdrom of=/home/sam/myCD.iso bs=2048 conv=sync,notrunc

▼ ハードディスクのMBRをバックアップする
[root@Tiger ~]# dd if=/dev/sda of=/home/sam/MBR.image bs=446 count=1

▼ 起動ディスクを作成する
[root@Tiger ~]# dd if=/boot/vmlinuz of=/dev/fd0


■関連記事
起動ディスクを作成する



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする