Linuxのネットワーク環境を確認するためには

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)LinuxtipsLinuxtips, ネットワーク > Linuxのネットワーク環境を確認するためには

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxのネットワーク環境を確認するためには

Linuxサーバーを構築する上で、インストールの次にネックになるのが
ネットワーク設定になります。
Linuxのインストールは出来たけど、ネットワークに繋がらないという
エラーに悩まされる方が多いようです。

もし、あなたがネットワークの接続で悩まされたら、今日紹介する
テクニックでネットワーク環境の確認を行なってみてください。

使っているルータやプロバイダー環境の違いで細かい設定については
個別でアドバイスするしかありませんが、現在のLinuxに設定されている
ネットワーク環境については、Linuxすべてに共通する事ですので
このようなメールマガジンでお答えすることが出来ます。


Linuxのネットワーク環境を確認するためには、
下記の5カ所について確認を行なってください。


1.[root@ leopard root]# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
2.[root@ leopard root]# cat /etc/resolv.conf
3.[root@ leopard root]# cat /etc/sysconfig/network
4.[root@ leopard root]# netstat -r
5.[root@ leopard root]# ping ルータのIPアドレス
 
※pingコマンドを停止するには「Ctrl + c」キーを入力してください。

それぞれを説明すると下記の内容になります。

1 はネットワークカードの設定になります。
 内容としては下記の通りです。

 DEVICE=eth0      #デバイス名
 BOOTPROTO=static      #手動設定か、dhcpか
 BROADCAST=192.168.1.255 #ブロードキャストアドレス
 IPADDR=192.168.1.38 #デバイスのIPアドレス
 NETMASK=255.255.255.0 #マスク値
 NETWORK=192.168.1.0 #ネットワークアドレス
 HWADDR=00:14:2A:41:F9:1F #MACアドレス
 ONBOOT=yes #起動時にIFの設定が自動で行われる

2 はDNS の設定になります。

3 はホスト名やゲートウェイの設定になります。
 内容としては下記の通りです。

 NETWORKING=yes #「yes」はネットワークを有効にするという設定
 HOSTNAME=hawk      # マシンのホスト名
 GATEWAY=192.168.1.1  # デフォルト・ゲートウェイ(ルータ)のIPアドレス

4 はルーティングテーブルを表示します。
5 はルータに対してping を飛ばし疎通確認を行います。


実際の設定内容はあなた自身で確認して欲しいのですが、
これら5カ所を確認すれば、ほぼネットワーク設定でおかしい
ところは分かります。

もし、あなたがネットワークに繋がらない場面に
遭遇したらこれらのコマンドを実行してネットワークの設定が
正しく出来ているか確認してください。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする