名前解決の参照順を変更する(/etc/nsswitch.conf)

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, ネットワーク > 名前解決の参照順を変更する(/etc/nsswitch.conf)

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

名前解決システムを参照する設定は、/etc/nsswitch.confファイルになります。
古いライブラリでは、/etc/host.confファイルで参照順を設定しますが、
現在において/etc/nsswitch.confファイルを編集することがほとんどです。

[root@Tiger ~]# vi /etc/nsswitch.conf
#hosts: db files nisplus nis dns
hosts: files dns

上記は/etc/nsswitch.confファイルの抜粋ですが、「hosts:」行に参照順位が
設定されています。左からfiles、dnsとされており、filesは/etc/hostsファイルを
dnsは、DNSサーバーを意味します。

デフォルトでは、hostsファイルを参照後、名前が解決できない場合、
DNSサーバーを参照します。

参照項目としては、LDAPサーバーの場合、「ldap」、NISの場合「nis」と記述します。



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする