Amazon Linux2(EC2)のパッケージアップデート

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)AWS(Amazon Linux) > Amazon Linux2(EC2)のパッケージアップデート

■たった13分でAWS(EC2)にWordPress環境が構築できるマニュアルをプレゼント中
今すぐ↓から無料ダウンロードしてください。
お名前*
メールアドレス *


AWS EC2インスタンスでAmazon Linux2を選択し、
パッケージアップデートを行う場合は、↓を実行します。

$ sudo yum update



人気セミナー

リナックスマスターセミナー【RHEL8研修】
一生使えるLinuxスキルが欲しい初心者向けセミナーです。
RHELをゼロからインストールするところから学べます。

AWSマスターセミナー【Amazon Linux研修】
AWS初心者向けセミナーです。ログインや料金確認などの基礎から
ロードバランサーなど業務で使える実用的なスキルが1日で学べます。

アップデートするパッケージがある場合は、
更新処理が終了するまで待ちますが、
アップデートするパッケージがない場合は
↓のように表示されます。

$ sudo yum update
Loaded plugins: extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
No packages marked for update


パッケージアップデートで検討が必要になるのが、
yum updateを自動実行させるかどうかという点です。

自動アップデートのメリットは、
パッケージアップデートを手動実行する必要がないので、
実行し忘れの心配がなく、放っておいても常にEC2を
最新の状態に保てるのでセキュリティ性が確保できます。

しかしその反面、
自動アップデートで不具合が発生した場合、
リカバリー対応が必要になり、
最悪カーネルパニックが発生し、EC2が使えなくなる可能性があります。

自動アップデートは、
手動アップデートや問題が行った場合のリカバリー工数、
セキュリティ担保などを総合的に判断して利用する必要があります。


失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】

リナックスマスターセミナー【RHEL8研修】
一生使えるLinuxスキルが欲しい初心者向けセミナーです。
RHELをゼロからインストールするところから学べます。

AWSマスターセミナー【Amazon Linux研修】
AWS初心者向けセミナーです。ログインや料金確認などの基礎から
ロードバランサーなど業務で使える実用的なスキルが1日で学べます。

■たった13分でAWS(EC2)にWordPress環境が構築できるマニュアルをプレゼント中
今すぐ↓から無料ダウンロードしてください。
お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・Amazon Linux2(EC2)のec2-user(デフォルトユーザー)を禁止する
・Amazon Linux2(EC2)のホスト名を変更する
・Amazon Linux2(EC2)の言語とタイムゾーン(時刻)を日本設定にする

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】