行番号を付けてファイルの内容を表示する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

catコマンドやlessコマンドは、ファイルの内容を表示するコマンドです。
行数の少ないファイルを参照する場合は、
そのまま実行してもあまり支障はありませんが、
数十行、数百行に及ぶファイルの内容を表示する場合には、
行番号を付加して表示したほうが便利です。

その場合、catコマンドには「-n」オプション、
lessコマンドには、「-N」オプションを付けて実行すると
行番号を付けてファイルの内容を表示することができます。

[pakira@Tiger ~]$ cat -n country_list.txt ←行番号を付けてファイルの内容を表示します。
1 Japan
2 Afghanistan
3 Algeria
4 Andorra
5 Angola
6 Antigua and Barbuda
7 Argentina
8 Armenia
9 Australia
10 Austria
11 Azerbaijan
12 Bahamas
13 Bahrain
14 Bangladesh

[pakira@Tiger ~]$ less -N country_list.txt ←行番号を付けてファイルの内容を表示します。
1 Japan
2 Afghanistan
3 Algeria
4 Andorra
5 Angola
6 Antigua and Barbuda
7 Argentina
8 Armenia
9 Australia
10 Austria
11 Azerbaijan
12 Bahamas
13 Bahrain
14 Bangladesh
15 Barbados
16 Belarus
17 Belgium
18 Belize
19 Benin
20 Bhutan
21 Bolivia
22 Bosnia and Herzegovina
23 Botswana
24 Brazil
25 Brazil Darussalam

関連記事
catコマンド
lessコマンド



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする