システム起動時に特定のサービスを起動する

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)LinuxtipsLinuxtips, システム管理 > システム起動時に特定のサービスを起動する

■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


停止状況の中で停止(off)となっているサービスを起動するには
chkconfigコマンドに引数としてサービス名を指定し、onを指定して
実行します。

このように指定することで、次回起動時から自動的にそのサービスが
起動するようになります。また、ランレベルをオプションとして指定することで
指定したランレベルで起動、停止の指定を行うことができます。

ちなみに、chkconfigコマンドはroot権限で実行する必要があります。

[pakira@Tiger ~]$ su -
パスワード:
[root@Tiger ~]# chkconfig --list ntpd ←ntpdの起動状況を表示します。
ntpd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
[root@Tiger ~]# chkconfig ntpd on ←ntpdのサービスを起動します。
[root@Tiger ~]# chkconfig --list ntpd ←ランレベル2345においてonになります。
ntpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
[root@Tiger ~]# chkconfig --level 6 ntpd on ←ランレベル6を指定して起動します。
[root@Tiger ~]# chkconfig --list ntpd ←ntpdの起動状況を再度表示します。
ntpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:on ←ランレベル6がonになります。


関連記事
ランレベルごとのサービス起動と停止状況を表示する
不要サービスを停止するには
サービスの起動、停止状況を初期設定(デフォルト)に戻す
chkconfigコマンドの詳細はこちら
suコマンドの詳細はこちら


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・LinuxのOS種類とバージョンを確認する
・Perlモジュールを一覧表示する
・Linuxのシステムクロック、ハードウェアクロック
・Linuxログの調査をする
・システム終了を中止する

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】