一定時間ごとにメモリ使用状況を更新して表示する

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)LinuxtipsLinuxtips, システム管理 > 一定時間ごとにメモリ使用状況を更新して表示する

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

メモリを大量に消費するプロセスを実行した場合など、メモリの使用状況を
継続的にモニターしなければならいない場合、一定時間ごとにメモリの使用状況を
更新して表示することができます。

freeコマンドにオプション「-s」を付けて引数に更新時間を指定して実行します。
なお、表示を停止する場合には、「Ctrl」+「c」キーを入力して停止します。


[root@Tiger ~]# free -s5
total used free shared buffers cached
Mem: 1035140 385080 650060 0 24856 286260
-/+ buffers/cache: 73964 961176
Swap: 2097144 0 2097144

↓5秒経過

total used free shared buffers cached
Mem: 1035140 385080 650060 0 24856 286268
-/+ buffers/cache: 73956 961184
Swap: 2097144 0 2097144


↓5秒経過

total used free shared buffers cached
Mem: 1035140 385080 650060 0 24864 286260
-/+ buffers/cache: 73956 961184
Swap: 2097144 0 2097144

(「Ctrl」+「c」キーを入力して停止する)

[root@Tiger ~]#

freeコマンドの詳細はこちら



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする