CentOS8をダウンロードする


人気セミナー

「リナックスマスターWebセミナー」コース新設
リナックスマスターセミナーを自宅受講できます。

リナックスマスターWebセミナーの詳細は、こちらをクリック。
アフターコロナのIT業界について

CentOS8が2019年09月24日にリリースされました。
2029年05月までのサポートがあり、10年サポートになっています。
本ページでは、CentOS8をダウンロードする手順を紹介します。

CentOS8のダウンロード手順動画

CentOS8のダウンロード手順を動画解説しました。

CentOS8がダウンロードできるサイト

CentOS8は、CentOS公式サイトから無償でダウンロードできます。

2019年12月5日現在、
公式サイトからダウンロードできる
CentOSのバージョンはCentOS8.0になり、
トップページからダウンロードページにアクセスできるようになっています。

CentOS公式サイトにアクセス後、「Get CentOS Now」をクリックします。
CentOS8_download00.jpg
その後、表示されるページに、
CentOS Linux DVD ISO」と「CentOS Stream DVD ISO」という
2つのアイコンがあり、「CentOS Linux DVD ISO」をクリックします。
CentOS8_download01.jpg
CentOS Linux DVD ISO」は、
CentOS7などと同様に従来形式で利用できるCentOS8になります。
通常はこちらをクリックします。

CentOS Stream DVD ISO」は、
CentOS8から新設された「CentOS Stream」というものになります。
これは開発版のような位置づけになり、RHELより先に新技術を導入し、
より多くの人の意見を取り入れようとする新たな試みになります。
一般的には、ローリングリリース版になります。

CentOS8とCentOS7の違いについては、↓のページをご確認ください。
CentOS8とCentOS7の違い、変更点のまとめ

下図の赤枠で囲っているリンクのどれかをクリックすれば、
CentOS8がダウンロードできます。
※どのリンクをクリックしても、同じCentOS8がダウンロードできます。
CentOS8_download04.jpg


 無料進呈 CentOS7サーバー構築マニュアル無料プレゼント



CentOS8をダウンロードできるサーバーは複数ある

CentOS8をダウンロードできるサーバーは複数あり、
そのミラーサーバーから自由にダウンロードできます。
↓のページを開くと、ページ上部に近くのミラーサーバーが表示されます。
http://isoredirect.centos.org/centos/8/isos/x86_64/ CentOS8_download02.jpg
※通常は日本国内のミラーサーバーが表示されます。
※上記の中から、任意のサーバーを選択します。
 どのサーバーを選択しても同じファイルがダウンロードできます。

ダウンロードできるCentOS8ファイルには種類がある

任意のダウンロードサーバーを選択し、ページを開くと
ダウンロードできるCentOS8ファイルにはいくつか種類があります。
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/8.0.1905/isos/x86_64/ CentOS8_download03.jpg
CentOS8.0の場合、下記の名称でアップロードされています。
・CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso
DVD ISOファイルになります。
通常は、これをダウンロードします。

・CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso.manifest
拡張子がmanifestになっているファイルは、
パッケージ内容を記述したドキュメントファイルです。

・CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.torrent
Torrentクライアントソフトで入手できるファイルです。

また、下記のbootと付くファイルは
ネットワークインストールを行う場合に利用します。
・CentOS-8-x86_64-1905-boot.iso
・CentOS-8-x86_64-1905-boot.iso.manifest
・CentOS-8-x86_64-1905-boot.torrent

CentOS7にあったEverything ISO、Minimalは廃止されています。

CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.isoをダウンロード後、
DVDに焼いて、インストールメディアを作成したり、
VMwareやVirtualBoxなどの仮想環境で利用できます。

DVDに焼く場合、CentOS8の容量が6.6GBになっているので、
片面二層式DVDに焼く必要があります。
片面一層式では容量が足りませんのでご注意下さい。


CentOS8がダウンロードできない場合

CentOSは、新バージョンがリリースされると、
旧バージョンが公式サイトからダウンロードできなくなります。
従って、現在ダウンロードできるCentOS8.0は、
CentOS8.1がリリースされると、公式サイトからダウンロードできなくなります。

公式サイトからCentOS8.0がダウンロード出来ない場合は、
↓のページを参照してください。
古いバージョンのCentOSをダウンロードするには?

CentOS8ダウンロードのまとめ

・CentOS8ダウンロードファイルは、公式サイトのトップページからアクセスできる。
・CentOS8.0の容量は、6.6GBなので、片面二層式DVDに焼く必要がある。
・CentOS8.0のISOファイル名は、CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso。
・ダウンロードしたいCentOS8のバージョンがない場合は、古いバージョンのCentOSをダウンロードするには?を確認する。


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気講座リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・MIMEでエンコードされたテキストを読めるように変換する
・viエディタで文字をコピーする
・ハードディスクの使用状況を調べるには
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・tar.gz形式のファイルを解凍、展開するには

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】