tarコマンドでディレクトリをアーカイブファイルにする

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, ディレクトリ・ファイル操作 > tarコマンドでディレクトリをアーカイブファイルにする

人気セミナーリナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】

現場で使えるLinuxサーバーを構築しながら、
その技術を体系的に学べる「初心者向けLinuxセミナー」です。
独学で1年以上掛かる技術を、たった2日で習得できます。


tarコマンドでファイルをアーカイブする際、
大量のファイルをアーカイブするのに
ファイル名すべてを指定するのは大変です。

そのような場合、特定のディレクトリに
アーカイブしたいファイルをまとめ、
そのディレクトリをアーカイブすると便利です。

ディレクトリをアーカイブするには、
tarコマンドの引数にアーカイブファイル名、
アーカイブしたいディレクトリ名を付けて実行します。
※アーカイブしたいディレクトリは、
 スペースで区切って複数指定することも可能です。

■ディレクトリをアーカイブファイルにする
[pakira@Tiger ~]$ ls -l
drwxrwxr-x 2 pakira pakira 4096 2月 28 15:18 2013 work
[pakira@Tiger ~]$ tar czvf work.tar.gz work/ ←workディレクトリをアーカイブファイルにします。
work/
work/country_list_cpm2.txt
work/country_list.tgz
work/country_list.txt
work/country_list.tbz2
work/country_list_cpm1.txt
work/country_list_column.txt
[pakira@Tiger ~]$ ls -l ←カレントディレクトリのアーカイブファイルを確認します。
drwxrwxr-x 2 pakira pakira 4096 2月 28 15:18 2013 work
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 5056 3月 5 07:29 2013 work.tar.gz ←アーカイブファイルが作成されています。

■関連記事
tarコマンド


人気記事Linuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気記事CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント



<<関連記事>>
・MIMEでエンコードされたテキストを読めるように変換する
・viエディタで文字をコピーする
・ハードディスクの使用状況を調べるには
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・tar.gz形式のファイルを解凍、展開するには

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】