ルートファイルシステム


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイルシステムの最上位に位置するのが、
/(ルート)ディレクトリを格納するルートファイルシステムです。

耐障害性、保守性を高めるため
通常は、ルートファイルシステムに
すべてのディレクトリを格納する事はせず、
複数のパーティションを用意して、
各パーティションに/home、/varなどのディレクトリを割り当てます。

これら各パーティションは、ルートファイルシステムに
マウントされた状態で1つのファイルシステムとして運用します。
また、障害が発生した時の復旧を考慮して、
ルートファイルシステムは可能な限り小さくします。

ルートファイルシステムには、システムの起動時に
必要になる下記のディレクトリを格納します。
/bin,/sbin システムに必要なコマンドやプログラム
/etc 各種設定ファイル
/lib ライブラリ
/dev デバイスファイル
例えば、ファイルシステムをマウントするmountコマンドは、
/sbinディレクトリに格納されています。
これがなければ、起動時に各パーティションをマウントして
1つのファイルシステムとして運用することができません。


■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする