rsyslogを起動、停止するには


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


rsyslogは、RHEL6、CentOS6から新たに採用された
syslogの信頼性を向上させたシステムロガーです。

syslogとrsyslogの違いとしては、次の点が挙げられます。

・ログ転送にTCPが使える
・ログの転送先にMySQLなどのDBを指定できる
・暗号化転送が可能
・syslogd 互換

■rsyslogのステータスを確認する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog status
rsyslogd (pid 1121) を実行中...

■rsyslogのステータスを停止する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog stop
システムロガーを停止中: [ OK ]

■rsyslogのステータスを起動する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog start
システムロガーを起動中: [ OK ]

■rsyslogのステータスを再起動する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog restart
システムロガーを停止中: [ OK ]
システムロガーを起動中: [ OK ]

■rsyslogのステータスを条件付き再起動する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog condrestart
システムロガーを停止中: [ OK ]
システムロガーを起動中: [ OK ]


condrestartとは、
condrestartは、conditional restartを意味し、起動しているかどうかをチェックを行い、
起動していた場合は、stopとstartを実行して再起動します。
また、停止していた場合は、何もせず、停止したままになります。

restartは、起動しているかどうかに関わらずstopとstartを実行するので、
停止している状態でも起動を実行します。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・cronのログファイル「/var/log/cron」を確認する
・CentOS7でログ容量制限を設定する
・CentOS7でログ保存設定をする
・CentOS7のログ管理(systemd、journald)
・ログを記録する際のパフォーマンスを上げる

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】