ログを記録する際のパフォーマンスを上げる

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, ログ管理 > ログを記録する際のパフォーマンスを上げる

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ログの記録先は、/etc/rsyslog.confファイルのアクションにフルパスを設定します。
mailファシリティのアクションには、/var/log/maillogが設定されていますが、
先頭に「-」が付加されています。

# Log all the mail messages in one place.
mail.*                    -/var/log/maillog

このようにログの記録先に「-」を付けると、ログのパフォーマンスが上がります。
ただしログを頻繁にハードディスクに書き込まないため、システムクラッシュの際には、
記録中のログが消失する可能性が高くなります。
「-」の記述はパフォーマンスを優先するか、ログの記録を優先するかよく検討を行った上で
設定する必要があります。




■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする