更新間隔を指定してCPUの負荷を表示する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

topコマンドを実行すると、自動的に5秒ごとに情報が更新されますが、
自分で更新間隔を指定することも可能です。

更新間隔を自分で指定する場合は、topコマンドを実行する際、
オプションとして、「-d」を指定し、その後ろに更新間隔の秒数を
指定します。

■1秒間隔に更新
[pakira@Tiger ~]$ top -d1

■10秒間隔に更新
[pakira@Tiger ~]$ top -d10



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする