シャドウ化されたパスワードを解除する(pwunconv)

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips > シャドウ化されたパスワードを解除する(pwunconv)

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

シャドウ化されたパスワードを解除して、パスワードファイル「/etc/passwd」に含めることができます。
シャドウ化されたパスワードを解除するには、「pwunconv」コマンドを実行します。
このコマンドを実行すると、シャドウパスワードファイル「/etc/shadow」ファイルから
パスワードファイル「/etc/passwd」にパスワード情報が移され、シャドウパスワードは削除されます。

なお、pwunconvコマンドはパスワードファイルとシャドウパスワードファイルの不一致があると、
正しく動作しないので、事前にpwckコマンドでチェックを行ってから実行します。

pwunconv、pwckコマンドを実行するにはroot権限が必要になります。

■シャドウ化されたパスワードを解除する
---------------------------------------------------------------------------------------------
[pakira@Tiger ~]$ su -  ←rootになります。
パスワード:
[root@Tiger ~]# cat /etc/passwd | grep tomohiro
↑パスワードファイルに存在するtomohiroのエントリーを確認します。
tomohiro:x:501:501::/home/tomohiro:/bin/bash
↑2番目のカラムが「x」でシャドウパスワードになっています。
[root@Tiger ~]# ls /etc/shadow ←シャドウパスワードファイルの存在を確認します。
/etc/shadow ←シャドウパスワードファイルが存在します。
[root@Tiger ~]# pwck ←パスワードファイルをチェックします。
ユーザ adm: ディレクトリ '/var/adm' が存在しません
ユーザ uucp: ディレクトリ '/var/spool/uucp' が存在しません
ユーザ gopher: ディレクトリ '/var/gopher' が存在しません
pwck: 変更はありません
[root@Tiger ~]# pwunconv ←シャドウ化されたパスワードを解除します。
[root@Tiger ~]# ls /etc/shadow ←シャドウパスワードファイルの存在を確認します。
ls: cannot access /etc/shadow: そのようなファイルやディレクトリはありません
↑パスワードのシャドウ化が解除されたため存在しません。
[root@Tiger ~]# cat /etc/passwd | grep tomohiro
↑パスワードファイルに存在するtomohiroのエントリーを確認します。
tomohiro:$6$xZ.YNf/O$KJovf6Z0qybKsxzDNpj4Vy31MrTILmsOqzszNQF.
Urc2hGm64emqm5TGh3Yy64dLFeqwMp7DW.sJuPUqgDv9l.

:501:501::/home/tomohiro:/bin/bash
↑2番目のカラムが暗号化されたパスワードになっています。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関連情報
Linuxパスワードファイルをチェックする(pwck)



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする