rsyslogを起動、停止するには


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

rsyslogは、RHEL6、CentOS6から新たに採用された
syslogの信頼性を向上させたシステムロガーです。

syslogとrsyslogの違いとしては、次の点が挙げられます。

・ログ転送にTCPが使える
・ログの転送先にMySQLなどのDBを指定できる
・暗号化転送が可能
・syslogd 互換

■rsyslogのステータスを確認する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog status
rsyslogd (pid 1121) を実行中...

■rsyslogのステータスを停止する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog stop
システムロガーを停止中: [ OK ]

■rsyslogのステータスを起動する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog start
システムロガーを起動中: [ OK ]

■rsyslogのステータスを再起動する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog restart
システムロガーを停止中: [ OK ]
システムロガーを起動中: [ OK ]

■rsyslogのステータスを条件付き再起動する
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/rsyslog condrestart
システムロガーを停止中: [ OK ]
システムロガーを起動中: [ OK ]


condrestartとは、
condrestartは、conditional restartを意味し、起動しているかどうかをチェックを行い、
起動していた場合は、stopとstartを実行して再起動します。
また、停止していた場合は、何もせず、停止したままになります。

restartは、起動しているかどうかに関わらずstopとstartを実行するので、
停止している状態でも起動を実行します。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする