Linuxをレキューモードで起動する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxの設定変更に失敗した場合や、OSが何らかの不具合で起動しなくなった場合、
レスキューモードを起動することで、システムの復旧や設定の修正が行えます。

まず、CentOSのDVD-ROMをドライブにセットし、コンピューターを起動します。

※例ではCentOS6.3を使用しています。
※コンピューターブードモードはDVD-ROMになっている必要があります。

1.ブートオプションモードを起動します。
ブートオプション画面の表示方法は↓を参照してください。
CentOS6でブートオプション画面を表示する

2.ブートオプション画面で「linux rescue」と入力します。
linux_recue_mode001.jpg

3.「English」を選択して、「OK」を押下します。
 カーソル移動は「tab」キー、決定は「Enter」キーでできます。
linux_recue_mode002.jpg

4.「jp106」を選択して、「OK」を押下します。
 ※「j」キーを押すと一発で「jp106」が選択できます。
linux_recue_mode003.jpg

5.「Local CD/DVD」を選択して、「OK」を押下します。
linux_recue_mode004.jpg

6.「Setup Networking」で「No」を押下します。(ネットワーク設定が不要の場合)
linux_recue_mode005.jpg

7.「Rescue」で「Continue」を押下します。
linux_recue_mode006.jpg

8.「Rescue」で「OK」を押下します。
linux_recue_mode007.jpg

9.「Rescue」で「OK」を押下します。
linux_recue_mode008.jpg

10.「shell start shell」を選択し、「OK」を押下します。
linux_recue_mode009.jpg

11.画面下部に「bash-4.1#」と表示されれば、レキューモードになっています。
linux_recue_mode010.jpg

レスキューモードを終了するには「exit」と入力して実行します。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする