\x(¥x)から始まるUnicode文字列を読めるようにする

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, テキスト処理 > \x(¥x)から始まるUnicode文字列を読めるようにする

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロの技術を、たった2日で習得できます。
Linuxは業界でもトップレベルの需要がありますが、技術者不足が深刻です。
あなたがいま始めれば、
数カ月後、数年後の「キャリア」と「年収」に大きなインパクトを与えます。

一生使える本物のLinux技術を短期マスターしませんか?
ライバルが少ない今だからこそ、始めるチャンスです。

リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Apacheのアクセスログや、Tripwireの改ざん検知ログ結果で、
\x(¥x)から始まるUnicode文字列を読めるようにする方法を紹介します。

例えば、下記のようなログが出力された場合、
Perlを利用することで 読むことが出来るようなります。

File system error. Filename: /usr/bin/pdgyjqltyz \xe3\x81\x9d\xe3\x81\xae\xe3\x82\x88\xe3\x81\x86\xe3\x81\xaa\xe3\x83\x95\ xe3\x82\xa1\xe3\x82\xa4\xe3\x83\xab\xe3\x82\x84\xe3\x83\x87\xe3\x82\xa3\xe3\x8 3\xac\xe3\x82\xaf\xe3\x83\x88\xe3\x83\xaa\xe3\x81\xaf\xe3\x81\x82\xe3\x82\x8a\ xe3\x81\xbe\xe3\x81\x9b\xe3\x82\x93



\x(¥x)から始まるUnicode文字列を読めるようにするには、
下記のようにPerlを実行します。

$ perl -e 'print "\xe3\x81\x9d\xe3\x81\xae\xe3\x82\x88\xe3\x81\x86\xe3\x81\xaa\xe3\x83\x95\ xe3\x82\xa1\xe3\x82\xa4\xe3\x83\xab\xe3\x82\x84\xe3\x83\x87\xe3\x82\xa3\xe3\x8 3\xac\xe3\x82\xaf\xe3\x83\x88\xe3\x83\xaa\xe3\x81\xaf\xe3\x81\x82\xe3\x82\x8a\ xe3\x81\xbe\xe3\x81\x9b\xe3\x82\x93"' そのようなファイルやディレクトリはありません

※上記コマンドは一行で実行します。

つまり、上記のメッセージは、
「そのようなファイルやディレクトリはありません」
ということになります。
スポンサードリンク


■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする