Apacheのポート番号を変更する


人気セミナー

「リナックスマスターWebセミナー」コース新設
リナックスマスターセミナーを自宅受講できます。

リナックスマスターWebセミナーの詳細は、こちらをクリック。
アフターコロナのIT業界について

Webサーバーは、一般的にTCP80番ポートを使用して
クライアントからのアクセス受け付け、Webサイトを表示します。

これらのポート番号は、世界的な規格で定められていますが、
何らかの理由で80番から変更したい場合は、
Apacheの設定ファイル(httpd.conf)を編集することで可能です。

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
#
#Listen 12.34.56.78:80
Listen 80

Listenに指定する番号を変更することで、ポート番号を変更します。

Listen 8080

上記の例では、Apacheのポート番号を「8080」に変更しています。
また、インターフェースごとにポート番号を設定したい場合には、
Listen 12.34.56.78:80のように「IPアドレス:ポート番号」と指定します。

設定後は、変更内容を反映させる為に、
Apacheの再起動または、設定ファイルの再読み込み処理が必要になります。


 無料進呈 CentOS7サーバー構築マニュアル無料プレゼント



人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気講座リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・MIMEでエンコードされたテキストを読めるように変換する
・viエディタで文字をコピーする
・ハードディスクの使用状況を調べるには
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・tar.gz形式のファイルを解凍、展開するには

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】