接続中のプロセスが終了するのを待ってApacheを再起動する

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Apache, Linuxtips, Webサーバー管理, サーバー管理 > 接続中のプロセスが終了するのを待ってApacheを再起動する

■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


Apacheの再起動には、/etc/init.d/httpd restartを使用します。
しかし、これを実行すると接続中のhttpdプロセスは強制的に終了してしまいます。
つまり、接続してきていたクライアントとの通信が強制的に切断してしまうのです。

そこで、接続中のプロセスが終了するまで待って、
再起動する機能がApacheには実装されています。

クライアントとの通信が終了するまで待って再起動するには、
下記のように「graceful」を指定します。

# /etc/init.d/httpd graceful

gracefulを実行すると、すべてのクライアントとの通信が終了するまで再起動できません。
通信状況によっては、かなり待たなければならない場合があります。
しかし、通信接続保持を有線させる場合には効果的な機能となります。

CentOS7で使用するsystemdでは、gracefulの代わりにreloadを使用します。
# systemctl reload httpd


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・MIMEでエンコードされたテキストを読めるように変換する
・viエディタで文字をコピーする
・ハードディスクの使用状況を調べるには
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・tar.gz形式のファイルを解凍、展開するには

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】