Apacheのエラーログを設定する


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


Apacheでエラーログを設定するには、httpd.confファイルを編集します。

インストール方法にもよりますが、httpd.confファイルは、
/etc/httpd/conf/ディレクトリか/usr/local/apache2/conf/ディレクトリなどに格納されています。
詳しくは、httpd.confファイルのServerRootに設定されているディレクトリを確認してください。

[root@Tiger ~]# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
#
# ErrorLog: The location of the error log file.
# If you do not specify an ErrorLog directive within a
# container, error messages relating to that virtual host will be
# logged here. If you *do* define an error logfile for a
# container, that host's errors will be logged there and not here.
#
ErrorLog "logs/error_log"

#
# LogLevel: Control the number of messages logged to the error_log.
# Possible values include: debug, info, notice, warn, error, crit,
# alert, emerg.
#
LogLevel warn

上の例では、ErrorLog "logs/error_log"がエラーログ設定箇所になり、
logsディレクトリのerror_logファイルに出力することが設定されています。
logsディレクトリは、/etc/httpd/logsか、/usr/local/apache2/logsディレクトリなどになります。

LogLevel warnでは、ログの出力レベルが設定されており、
デフォルトでは、warn以上が記録されます。
コメントにあるdebug, info、notice、warn、error、crit、alert、emergを指定出来ます。

変更後は、設定を反映させるためApacheの再起動を行います。
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/httpd restart


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・MIMEでエンコードされたテキストを読めるように変換する
・viエディタで文字をコピーする
・ハードディスクの使用状況を調べるには
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・tar.gz形式のファイルを解凍、展開するには

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】