Apacheの設定にインデックスファイルを追加する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

URLを指定してホームページにアクセスする際、ディレクトリ名を指定するだけで
ホームページのファイルを表示させるには、インデックスファイルの設定を行います。

つまり、「https://www.linuxmaster.jp/」とURLを指定すると、
「https://www.linuxmaster.jp/index.html」が表示される設定です。

この設定を行うには、Apacheの設定ファイル「httpd.conf」ファイル内にある
「DirectoryIndex」に設定を行います。

インストール方法にもよりますが、httpd.confファイルは、
/etc/httpd/conf/ディレクトリか/usr/local/apache2/conf/ディレクトリなどに格納されています。
詳しくは、httpd.confファイルのServerRootに設定されているディレクトリを確認してください。

DirectoryIndexは、左から順番にサイン称するファイルを指定します。
デフォルトでは、「index.htm」は設定されていませんので、
index.htmをインデックスファイルに含める場合、明示的にindex.htmの設定が必要になります。

[root@Tiger ~]# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
#
# DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
# is requested.
#

DirectoryIndex index.html index.htm ←「index.htm」を追加します。

追加後は、設定を反映させるためApacheの再起動を行います。
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/httpd restart



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする