ファイル名データベースを更新する


■Linux(RHEL8)マニュアル無料プレゼント
弊社の有料セミナー「リナックスマスタープロセミナー」で
実際に使っているマニュアルを無料サンプルとしてプレゼント

申し込みはフォームに名前とメールアドレスを登録するだけです。
お名前*
メールアドレス *
※不正メールアドレスを登録した場合、マニュアルが届きませんのでご注意ください。


Linuxで検索を行う場合、一般的に使用されるのはfindコマンドですが、
このコマンドは対象ディレクトリのパスを個別に検索するため、
検索対象ディレクトリに多くのサブディレクトリ、ファイルが存在すると
検索に時間が掛かります。

その為、予めファイル名データベースファイルを作成し、
そのファイルを対象としてlocateコマンドやslocateコマンドで
検索する方法が使われます。

ファイル名データベースは、デフォルトで毎日午前4時ごろ
自動更新されるようになっていますが、システムが稼働していない場合、
更新されないことになります。

そこで、更新を手動実行するには、updatedbコマンドを引数なしで実行します。
※実行にはroot権限が必要になります。

[pakira@Tiger ~]$ su - ←root権限になります。
パスワード:
[root@Tiger ~]# updatedb & ←カタログデータベースをバックグラウンドで更新します。
[1] 1470   ←ジョブ番号が表示されます。

なお、この処理はコンピュータのスペックやディレクトリ、ファイル数によって
長い時間を要する場合があります。実際に実行する場合は、システム負荷の
少ない時間にバックグラウンドジョブとして実行するのが望ましいです。


人気セミナー

リナックスマスタープロセミナー【RHEL8研修】
一生使えるLinuxスキルが欲しい初心者向けセミナーです。
RHELをゼロからインストールするところから学べます。

AWSマスターセミナー【Amazon Linux研修】
AWS初心者向けセミナーです。ログインや料金確認などの基礎から
ロードバランサーなど業務で使える実用的なスキルが1日で学べます。


失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】

リナックスマスタープロセミナー【RHEL8研修】
一生使えるLinuxスキルが欲しい初心者向けセミナーです。
RHELをゼロからインストールするところから学べます。

AWSマスターセミナー【Amazon Linux研修】
AWS初心者向けセミナーです。ログインや料金確認などの基礎から
ロードバランサーなど業務で使える実用的なスキルが1日で学べます。

■AWS構築マニュアルを無料プレゼント
たった13分で、AWSにWordPress環境が作れます。
申し込みはフォームに名前とメールアドレスを登録するだけです。

お名前*
メールアドレス *
※不正メールアドレスを登録した場合、マニュアルが届きませんのでご注意ください。


<<関連記事>>
・MIMEでエンコードされたテキストを読めるように変換する
・viエディタで文字をコピーする
・ハードディスクの使用状況を調べるには
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・tar.gz形式のファイルを解凍、展開するには

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】