ファイル名データベースを更新する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxで検索を行う場合、一般的に使用されるのはfindコマンドですが、
このコマンドは対象ディレクトリのパスを個別に検索するため、
検索対象ディレクトリに多くのサブディレクトリ、ファイルが存在すると
検索に時間が掛かります。

その為、予めファイル名データベースファイルを作成し、
そのファイルを対象としてlocateコマンドやslocateコマンドで
検索する方法が使われます。

ファイル名データベースは、デフォルトで毎日午前4時ごろ
自動更新されるようになっていますが、システムが稼働していない場合、
更新されないことになります。

そこで、更新を手動実行するには、updatedbコマンドを引数なしで実行します。
※実行にはroot権限が必要になります。

[pakira@Tiger ~]$ su - ←root権限になります。
パスワード:
[root@Tiger ~]# updatedb & ←カタログデータベースをバックグラウンドで更新します。
[1] 1470   ←ジョブ番号が表示されます。

なお、この処理はコンピュータのスペックやディレクトリ、ファイル数によって
長い時間を要する場合があります。実際に実行する場合は、システム負荷の
少ない時間にバックグラウンドジョブとして実行するのが望ましいです。



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする