公開鍵をインポートするには


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

rpmコマンドでパッケージをインストールする際、
下記のような警告メッセージが表示される場合があります。

警告: ncurses-devel-5.7-3.20090208.el6.i686.rpm: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID c105b9de: NOKEY

これは、公開鍵がないというメッセージになり、
このメッセージを表示させないようにするには公開鍵をインポートします。

公開鍵は、/etc/pki/rpm-gpg/ディレクトリにありますので、
rpmコマンドに「--import」オプションを付けて下記の様に実行します。

[root@Tiger ~]# rpm --import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

上記コマンドを実行することで、警告メッセージが表示されなくなります。



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする